紫外線吸収剤フリー BBクリーム

MENU

BBクリームは紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤のどちらがいい?

UVカット効果が高いBBクリームを選びたいというのが多くの女性の望みではないでしょうか。でも、少し注意が必要かもしれません。

 

紫外線吸収剤が使われているBBクリームは、白浮きしにくくメイク落としが楽というメリットがあります。ジェルのような質感で伸びが良く軽い付け心地も人気です。しかし紫外線を浴びると肌の上で化学変化が起き、その際に発生する熱が肌のうるおいを奪うばうといわれています。さらにUVカット効果が低下しやすく肌への負担が大きいことがデメリットとしてあげられます。紫外線吸収剤は、変質しやすく細胞にダメージを与える心配があると指摘する専門家もいます。

 

一方、紫外線錯乱剤は昔から使われているという安全面での大きな実績があります。紫外線錯乱剤を使用したBBクリームは高SPF並のUVカット力は見込めませんが、日常生活で十分とされるSPF30前後のUVカット力を持っています。

 

特に肌トラブルがなければ、屋外のスポーツやレジャーでは紫外線吸収剤ならではの高いSPFのBBクリーム、日常の外出なら紫外線錯乱剤を使用したBBクリームで過ごすというような使い分けをする方法もあります。

 

 

私のBBクリームは紫外線吸収剤入りなの?

BBクリームのパッケージを見ると紫外線吸収剤を使用しているか紫外線錯乱剤が使用されているかがわかります。
代表的な紫外線吸収剤は次の3つ。

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(主に紫外線B波を吸収する)
  • オキシベンゾン(紫外線A波、B波の両方を吸収する)
  • t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン(紫外線A波を吸収する)

パッケージを見ると、酸化チタン、酸化亜鉛と表示されているかもしれません。これは代表的な紫外線錯乱剤で紫外線A波、B波に関係なく防ぐことができます。
メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは良く使われている紫外線吸収剤ですが、紫外線A波をブロックすることが苦手なので紫外線錯乱剤も同時に配合されることがあります。

 

紫外線吸収剤フリーでおすすめのBBクリームは?

肌にやさしいBBクリーム、肌への負担が軽いBBクリームをお探しなら紫外線吸収剤フリーのものがおすすめです。敏感肌専門ブランドディセンシアのアヤナスBBクリームは、成分表を見ると最初の方に酸化チタンが表記されています。

 

化粧品は配合分量の多いものから表記するルールがあるため、酸化チタンでUVカットしていることがわかります。もちろん紫外線吸収剤は配合されていません。

 

UVカットができる化粧品にありがちな肌の乾燥にお悩みの方にもアヤナスBBクリームはおすすめ。
ヒト型ナノセラミドなどの成分がしっかりうるおいをキープしてくれるBBクリームです。

 

BBクリームの選び方